<梅雨明けが要注意>保育施設のための熱中症【対策編】

目次


=予防の3ステップ=
>>>前の記事へ

1、熱中症を職員全員で理解する
2、熱中症の予防のため準備
3、必要な備品リスト


=対策の3ステップ=


1、基本的な対応
2、簡単な診断チャート
3、応急処置の合言葉

=対策=

1、基本的な対応

スキンシップの際に、

赤ちゃんの体を触り汗が出ていないか、

冷えていないかを確認します。

少しでも体調の変化を感じたら

エアコンが効いている室内や

風通しのよい日陰など、

涼しい場所へ避難させましょう。

衣服をゆるめ、

保冷剤などでからだを冷やします。

(特に、首の回り、脇の下、足の付け根など)

経口補水液を飲まします。

2、簡単な診断チャート


熱中症かどうかの判断はこの流れでチェックしてください。


1、熱中症の様な症状が1つでもあるか?
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、
だるさ、痺れ、血圧低下、痙攣
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
大量発汗、または発汗がない
返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い


2、呼びかけに反応するか?
しない→救急車を呼び、涼しい場所へ、服を緩めて身体を冷やす※無理に飲料を与えない
ある→涼しい場所へ、服を緩めて身体を冷やす


3、水分を自力で飲めるか?
はい→経口補水液を与える
いいえ→医療機関へ


4、症状が良くなったか?
はい→安静にして、十分な休息をとる、回復したら帰宅
いいえ→医療機関へ

3、応急処置の合言葉


FIRE!


F Fluid:水分補給

I  icing:冷却

R Rest:安静

E Emergency:119番



参考資料


環境省 熱中症予防情報サイト
https://www.wbgt.env.go.jp/


主催 環境省「平成29年度 熱中症対策シンポジウム」
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/sympo/20170522.pdf


猛暑・子どもの脱水に注意!防ぐための水分補給ウオーターローディングとは?小児科医
https://news.yahoo.co.jp/articles/083ddf76e6c1d1e11a6d160edfd8fc7df24e1921?page=2


猛暑に要注意! 赤ちゃんと過ごす部屋でエアコンをじょうずに使う方法
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0708/bcl_200708_5782515206.html?fbclid=IwAR3da_owmC0nZkw4SMUUxAtxEuDXgwHsQvBsDcTYsw2YUrCL4bak-gBFZNs

株式会社 nt / ニト

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019-2021 nt Inc. All Rights Reserved.